マスクをかける女性
薬を飲んでいる女性

アレルギーは免疫機能が過剰反応することによって起こります。本来は不要な反応なので、抑えてしまっても全く問題ありません。ただし、残念ながら一度でもアレルゲンとして認識したものを無効にすることは難しく、治療は困難と言えます。

免疫機能は体を守るために備わっている重要なもので、なくてはならないものです。そのため免疫機能自体を無効することはできません。人間はウイルスや病原菌などの侵入などによって、体調を崩したり、命を脅かされることがあります。免疫機能は、ヒスタミンの働きによってそれらのウイルスや病原菌を異物として体外に排出します。このようにして健康な状態を維持することが可能です。つまり、生命維持には免疫機能は不可欠です。

アレルギーで問題なのは免疫機能が過剰反応することです。過剰反応とは、ウイルスや病原菌ではなく花粉や食べ物を異物と認識してしまうことです。食べ物や花粉は体内に入っても無害ですが、異物と判断することで排除するための反応が起こります。

主な症状は、くしゃみや鼻水、目のかゆみじんましんやしっしんなどです。これらは異物を排除するために行われるものです。アレルゲンが完全に除去されるまで続きますが、食べ物の場合、食べないことで発生を抑えることができます。花粉は飛散する時期を過ぎれば、症状が無くなります。

このようにアレルゲンを無くすことが一番の対応と言えますが、飛散している花粉を除去することは困難です。生活する上で避けて入られないので、薬の力を頼ることになります。

現在使われる薬は、抗ヒスタミン作用を利用したものになります。アレルギー反応はヒスタミン受容体が結合することで発症します。そのため抗ヒスタミン剤は、受容体に代わりに結合することでヒスタミンの結合を抑制し、アレルギー反応を抑制することが可能です。

このような治療は、対処療法で根治することはできません。現在では免疫療法と言うものがあり、アレルゲンになれることで、耐性を高めて治療することもできます。ただし治療には数年をようするため、なかなか普及しません。多くの人は、アレルゲンを体内に取り込まないように食べないことやマスクなどによって防ぐことで対応します。また、治療薬をある期間飲み続けることで対応しています。

治療薬には内服から外用、点眼などいろいろなものがあります。内服薬には眠気などの副作用がありますが、新しいものが流通するたびに軽減されて来ています。