キャバ嬢とホスト

高収入のバイトとして挙げられるのがキャバクラやホストといった夜のお店です。
そもそもなぜこういったお店が高収入なのかを理解していない人もいるでしょう。
夜のお店が稼げるのには、それなりの理由があります。
それを理解することによって、稼ぐためにはどうすれば良いのかも分かってくるので、まずは夜のお店がどんな仕事なのかを理解していきましょう。

大前提として、キャバクラやホストというのは未経験者が働ける仕事です。
資格や経験は必要ありませんし、特別に容姿が良くなくてもできます。
キャバクラには綺麗な女性が、ホストにはカッコイイ男性が働いているというイメージが強いのですが、決してそれだけがすべてではありません。

夜のお店を利用するお客様には様々なタイプの人がいます。
外見が好みの人と一緒にお酒を飲みたいからお金を払うという人もいますし、ただ相談を聞いてほしいからお金を払ってまでお店に行くという人もいるのです。
つまりお客様全員が美人な女性、あるいはカッコイイ男性を求めているわけではないということです。

夜のお店で働く人に求められること

夜のお店で働く人間に求められるのは、どんなお客様にも対応できるような柔軟さです。
楽しく飲みたいという人であれば、盛り上げ上手にならなければなりませんし、とにかく話をしたいという人にはユーモアさや話を聞く姿勢も身に着けなければなりません。
これは簡単なことのような非常に難しく、うまくできなければ継続してお店に来てもらえなくなってしまいます。

お客様をつなぎとめられるかどうかは、働いているキャストにかかっています。
だからこそ様々なニーズに応えられるように、お店側もいろんなキャストをそろえておくことが必要なのです。
もちろんそこには容姿が良い人も必要ですし、外見よりもユーモアさが必要な場合もあります。
いろんなキャストがいるということは、その時の気分に応じて選べるという魅力でもあるからこそ、お店側は経験者だけではなく、まったくの経験がない未経験者も歓迎しています。

一晩のうちに知らない人と何人も知り合い、そして会話をしていくというのは肉体的にも精神的にも疲れるものです。
その間もただ会話に集中するだけではなく、ドリンクがなくなっていないか、新しいおしぼりがいるかどうか、灰皿はいっぱいになっていないかなどを常に気にかけておくことも重要です。
広い視野を持って接客ができるというのはどんな仕事にも使えるスキルです。

お客様に継続してきてもらえるようにするためには、こういったたくさんの大変な仕事を乗り越えなければならないからこそ、キャバクラやホストのバイトは高収入が得られるのです。