キャバ嬢とホスト

キャバクラに似ている水商売を整理しよう

キャバクラと一言に言っても、実は種類がたくさんあります。
「キャバクラだから」と言って軽はずみに応募してしまうと、後々後悔する羽目になることも考えられるので、しっかりそれぞれの違いを理解しておくことが大切です。

まずガールズバーですが、これはお客様の隣に座ることは絶対にありません。
必ずカウンターなどを通して対面での接客となるので、女の子に対するお触りや、必要以上のスキンシップを自分で避けられるというメリットがあります。
その分ガールズバーは給料も少し安くなりやすいと覚えておきましょう。

次にキャバクラですが、ニュークラブやセクキャバ、昼キャバというように様々な水商売があります。
どれもキャバクラなのですが、コンセプトや時間帯などが違ってくるため、一般的に言われているキャバクラとは別の水商売だと考えられることもあるのです。

例えばニュークラブというのは、キャバクラを少し高級志向にしたものなので、値段も高めですしお客様の質も上がりやすいという特徴があります。
その分キャストたちに求められることも多いので、質の良い接客ができるよう日頃から研究を怠ってはなりません。

セクキャバはお触りを許可しているお店なので、お客様が女の子に触れたとしても誰も止めに入りません。
店内も暗めに設定されているので、周りの席を気にすることなく接客できるでしょう。
ただ本番までやってもいいわけではないので、ある程度上手にお客さんをかわすスキルも必要です。
お触りが許可されている分、時給も高めに設定されています。

昼キャバはその名の通り、昼間にオープンしているお店のことです。
内容としては普通のキャバクラと同じで、お酒を飲みながら楽しいひと時を一緒に過ごします。
ただ昼間ということもあり、集客も夜に比べると少ないため、時給も安めに設定されています。
ただ他の日中バイトよりは高いので、昼キャバを選ぶ人も多いでしょう。

このように同じキャバクラでも種類がたくさんある上に、システムも異なります。
だからこそ事前に違いを理解しておくことが大切なのです。

最後にスナックやラウンジですが、これらには必ず「ママ」が存在します。
いわゆる店長の立場に立つ人間で、他のキャストと同様に接客も行います。
キャストたちはママから学び、ママの下で働くため、教育もしっかり行われている人が多い傾向があります。
そのためスナックやラウンジは賑やかに飲むというよりは、落ち着いた雰囲気で飲む人に向いているお店で、大人の年齢層が集まりやすい傾向にあります。

システムによって給料は異なりますが、どの仕事にも言えるのは時給が高めだということと、女性がキャストとして働くということです。