キャバ嬢とホスト

キャバクラやホストって怖い世界なのか?

世間一般では、夜のお店に対して良い印象を持っていないどころか「怖い」とさえ思われてしまう傾向にあります。
なぜそのようなことになっているのか、原因はいくつか考えられます。

まずは店内での争いが激しいというイメージがあるからです。
夜のお店では、指名や延長をもらうことで歩合がつきます。
つまり稼ごうと思ったら基本給となる時給だけではなく、その他のオプション要素も視野に入れなければならないということです。
ドリンクはその場の雰囲気で追加注文してもらったり、単価アップを見込んだりしていくやり方で稼げますが、一番難しいのは指名をもらうことです。

指名はお客様が好きなキャストを選び、入店中はその人に接客をしてもらうというものです。
そのため指名なしで入店するのと、指名ありで入店するのとでは料金が異なります。
お客様の都合で指名をかえることは可能ですが、基本的にキャストたちの間で指名を横取りするような行為はタブーとなっています。
だからこそ指名をせずに入ってくるお客様に「これからは自分を指名してもらえるように」と営業をかける必要があるため、お客様の取り合いも激しくなってしまうのです。

もちろんお店によって温度差はありますし、貪欲なキャストが多いお店であれば、競争率も激しいでしょう。
しかしそれは夜のお店に限ったことではありませんし、日常的にサラリーマンもやっていることです。

例えば営業の仕事をしている人間は、まだどことも契約をしていない人に対して営業をするだけではなく、他社の物を扱ってるという人に対しても「うちの方がメリットが多いですよ」と言って営業をします。
そこからどうするかは取引先次第ですが、うまくいけば今までの契約を打ち切りにし、新しい契約を結んでくれる可能性があります。
つまりこういった競争は夜の世界以外でも行われているのです。

次にお酒が絡むためトラブルに発展しやすいということです。
夜のお店ではお酒を飲みながらひと時を過ごすというのが一般的です。
そのためお客様にお酒をすすめるのはもちろんのこと、キャストの方がお酒をすすめられることもあります。
一緒に飲みたいという人がいれば、それにこたえてあげるのも仕事なのです。

お酒を飲んで気が大きくなってしまう人や、冷静さを欠いてしまう人も多いので、そこからトラブルに発展することも珍しくはありません。
もちろんそうならないようにボーイがしっかり店内を見てくれているのですが、100%なんともないとは言えないので「怖い」という印象を持つ人もいるのでしょう。