キャバ嬢とホスト

ホストやキャバクラで働くうえで気を付けたいこと

努力次第で高収入が見込める夜の仕事ですが、そこで働くためには気を付けなければならないことが多々あります。
その中でも特に注意すべき点についていくつか解説します。

まずは夜のお店にはそれぞれにルールがあります。
お客様が席に着いたら、まずはお酒を飲むかをうかがうこと、そして「飲め」とすすめられたら喜んでいただくことです。
ここでお断りするのはお客様に対して失礼ですし、その後の時間を楽しめなくなってしまう可能性があります。
ある程度交流を深めた後にやんわりお断りをすることはあったとしても、いきなり断るということがあってはなりません。

キャバクラやホストは楽しくお酒を飲み、楽しく会話をするところなのが大前提です。
お客様のテンションを下げるようなことを、キャストがしてしまわないように注意しましょう。

次に「仕事をしている」という意識を持つことです。
一見お喋りをするだけの楽しい仕事だと思う人もいますが、実際はそのようなことはありません。
お客様それぞれを意識して会話をしなければなりませんし、厳しい争いの世界で勝ち残るためにも、お客様の心をつなぎとめるよう努力もしなければなりません。

楽しいからボランティアでやっているというのではなく、お金をもらって仕事として働いているのです。
働く以上はお店のルールに従うようにしたり、お店の売上貢献のために日々努力をすることが大切です。

最後にキャバクラやホストには将来性がないということです。
お店によっては年齢制限を設けていませんし、中には熟女限定や若者限定などのように、年齢で区別されたお店もあります。
しかしこういった夜のお店は、できるだけ若いキャストがメインで仕事をしていくというのがセオリーです。
だからこそいずれは引退することを考える人も多いですし、一生できる将来性のある仕事だとはいいがたいのが事実です。

社会経験の1つとしてキャバクラやホストで働くのは良いでしょう。
接客スキルが身につきますし、常に広い視野を持って仕事に取り組めるので、どんな業種にも活用できる大きな強みとなります。
ただ夜のお店に固執するような働き方はしない方が無難なのも確かです。

キャバクラもホストも厳しい争いの世界なので、どうしても順位によって実力差が明確になります。
常連客を呼べないような人間は雑用ばかりを任されることもあるでしょう。
キャバクラは基本的にボーイがすべてやるのでこういったことはありませんが、ホストの場合は接客をやらせてもらえず、雑用係になってしまうという話も珍しくはありません。
この世界でやっていくと決めた以上は、常に上を目指していくしかないのです。