• ホーム
  • 薬以外にも食事でアレルギーを改善できる?

薬以外にも食事でアレルギーを改善できる?

2020年01月08日
電車内でせきが出る女性

アレルギーの対応として、薬に頼らずに食事で抑制する効果が期待できる場合もあります。アレルギーは、体内にあるヒスタミンがアレルゲンの侵入によって異物を排除するために行う免疫機能の過剰反応によって起こります。そのため過剰反応させないためにヒスタミン抑制ができれば改善することが可能です。

レンコンにはムチンと呼ばれる粘膜を強化する成分が含まれています。粘膜は免疫機能のひとつで、異物を絡めとり体外に排出します。体調によって少なくなった粘膜をムチンの力で高めることで、正常な働きを期待できます。レンコンには多くの食物繊維も含まれているので、腸内環境の改善にも役立ちます。

納豆のネバネバの正体は、ナットウキナーゼです。ナットウキナーゼには、ヒルタミンの発生を抑える抗アレルギー作用が期待できます。どうしても臭いや食感が嫌いで納豆が食べられないと言う人には、ナットウキナーゼが含まれているサプリなども発売されています。臭いもないため安心して摂取することが可能です

キャベツにもヒスタミン抑制作用が期待できます。キャベツには多くのビタミンCが含まれていて、ビタミンCはヒスタミンが放出されるのを抑制する効果があります。他にもケールなどの野菜にも多くのビタミンCが含まれているので、青汁も効果が期待できる飲み物です。

ヨーグルトは腸内環境の改善に役立つ食物の一つです。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌には腸内にいる善玉菌を増やす効果が期待できます。ヨーグルトを食べることで善玉菌が活性化して腸内環境を改善することが可能です。腸は免疫機能を正常にするために重要な役割を担っていて、免疫力を高めることで体調改善ができると言われています。

腸の環境改善は免疫力が高くなり、抗アレルギーにも役立ちます。ヨーグルトは、食べるだけでなく飲むタイプでも同様の効果が期待できます。忙しくて食べる時間がない時には、ドリンクタイプで代用することも可能です。

食生活が乱れていると腸内の悪玉菌が増えて、免疫機能が正常に働かなくなります。善玉菌を増やすことは体調管理をする上で重要です。また、多くの食材を偏ることなくバランスよく摂取することも必要です。アレルギーに効果があるからといって、特定の食材だけを摂取していたのでは、体調を崩すことになります。まずはしっかりと食事をとってバランスを保つことを重視しましょう。その上で、アレルギー対策ができれば理想です。

関連記事
抗アレルギー薬ザイザルは副作用が少ない?

アレルギー性鼻炎やじんましん、皮膚炎を発症した時に処方されるのがザイザルです。重篤なアレルギーであるアナフィラキシーには有効ではありませんが、一般的なアレルギーには有効な処方薬です。ザイザルは他の同種のものと比較して副作用が少ないと言うことで知られています。ザイザルは、ヒスタミンH1受容体をブロック

2019年12月20日
ひどい花粉症の時期にはパタノール点眼液を使おう

花粉症などのアレルギー疾患が出ると目のかゆみや充血などの症状が現れます。また、目に直接アレルギー反応が出るとアレルギー性結膜炎を引き起こすことになります。そんな時に有効なのがパタノールです。パタノールはオロパタジン塩酸塩を主成分とする点眼薬で、選択的にヒスタミンの受容体をブロックする抗ヒスタミン薬で

2019年11月30日
ジルテックでアレルギーによる鼻炎やじんましんを改善!

ジルテックは、アレルギー性鼻炎やじんましんに効果のある処方薬です。花粉症はアレルギー性鼻炎のうちの一つです。アレルギー疾患に効果がある抗ヒスタミン系の薬剤には、いくつかの世代があります。ジルテックは第三世代に該当するもので、中枢神経副作用が少ないとして知られています。中枢神経副作用とは主に眠気で、花

2019年11月20日